My Heart
新着◇新たな文化を築いていこう   
[記号;◇=仲間(患者の方)へ]

●私が心臓病のわけ  ◇辿り道

(それ以前のもの↓)


わたしの心臓
先天性心臓疾患=三尖弁閉鎖症(TA)→フォンタン(TCPC)術にて修復.
           心房性不整脈→ペースメーカー装着.
[病歴はこちら]  [図説→]


重い心臓病の子どもの手術ができるようになり40年余り。
 その経験をした人たちが、冷静に体験を語ることができる時期になってきました。
  戸惑い、不安、怖れ。やさしさ、希望、勇気。そして、力。
    病気とともにたくさんのことを感じながら、過ごしてきました。
私は、病気を持つ大勢の先輩と、その命を生かそうとする人たちが、歩く道を整えてくれたと思っています。
 今はもっと重症でも、小さいうちに手当てを受け、当たり前に日常を過ごせるようになりました。
   同じ病気でも違いが大きくなり、想いを共有できない寂しさ羨ましさもあります。
    ただ、問題なく過ごせていても、周囲の対応や人生の節目で病気の影響を感じざるを得ないこともあります。
健康な状態が前提の社会の中で生きていくには、当人が強くないといけないようです。
  状況の差が広がる中、私には何もできないけれど、せめて、目前の道を整えていきたいと思います。
   これからも自分の道を歩き続けていきます。
    後に続く人たちの道がもっと歩きやすいようにと願いながら。
2015.10.改訂
 メールを送る

My Heart log

雑記… ●'16年記 / ●'15年記


    ●'14年記 / ●'13雑記 / ●'12雑記 / ●'11雑記 / ●'09雑記 / ●'08雑記 / ●'07雑記 / ●'06雑記 /


    ●'05雑記 / ●'04雑記 /●'03雑記 / ●'02雑記 / ●'01雑記 / ●'00雑記 / ●'99雑記 / ●98年記


時を重ねて見えたもの…◇35年ぶりの検査 / ●障害と病気と健康のあいだで / ●希望のありか / ●ココロの行方


メッセージ…●力を貸してください('06) / ◇仲間へのメッセージ('05) / ●かぜ風吹くな('02) / ●親御さんへ('00)


医療への信頼が揺れて…●医・人・命('01) / ●医・人・命2('02) / ●医・人・命3('03)


病気との暮らし…●一時停止('00) / ●私と病院('99) / ●自立('99) / ●就職(初出勤まで) / ●長く勤めるために


ケガに思う…●杖と歩けば('00)


感じることいろいろ…●こちらとあちら('15) / ●揺らぎの中で('06) / ●臓器移植に思う('06)


病院記'97…●病院タイム  ●改めて、私  ●ひとりごと


成人先天性心疾患…●'12 ACHD学会 参加記 / ●医療系の動き / ●医師の講演(1998) / ●私と病院(1999)


-病気があっても健やかに育ちたい-
力を貸してください
 病児の立場から伝えたいこと
[先頭へ↑]
表紙へ表紙へ