分岐の景
 
宮の陣分岐
 

<概要>
分岐駅名 分離型式 配線型式 分岐線
宮の陣駅 手前型 線路別 西日本鉄道:天神大牟田線 西日本鉄道:甘木線
 
<位置>
地理院地図国土地理院 宮の陣駅  
航空写真画像情報所在検索・案内システム 1961年版 宮の陣駅は2面2線。福岡方で複線分岐しすぐに単線となっている。
道路協方向に曲がっていく旧軌道線の跡らしきものも見える。
1962年版 駅の福岡方で工事が行われているように見える。ホームの移設か。
1970年版 ホームを福岡方に移設。現在と同様の配線となっている。
1974年版 3番線に電車が止まっている。筑後川新橋梁の下部工工事が始まっている。
1979年版 筑後川新橋梁の橋脚ができている。
1981年版 筑後川新橋梁に切り替わった直後。旧橋梁がまだ撤去されていない。
旧線の跡がはっきりと見える。2番線に下り電車停車中。
1987年版 甘木線旧線跡に西鉄の諸施設ができている。
2010年版 大牟田線旧線跡を利用して道路ができている。
Google/Googleマップ 宮の陣駅 甘木線電車が停車中。
Yahoo! Japan/地図 宮の陣駅  

<沿革>
1915/10/17 三井電気軌道:三井線・宮ノ陣橋−北野間開業。(現・甘木線)
1921/12/08 三井電気軌道:三井線・北野−甘木間開業。(現・甘木線)
1924/04/12 九州鉄道(2代):福岡(現・西鉄福岡(天神))−久留米(現・西鉄久留米)間開業により設置。
1924/03/13 三井線(現・甘木線)において、筑後川に新たに架かった新宮ノ陣橋に併用軌道を設置し対岸の渕ノ上と接続。
1924/07/10 九州鉄道が三井電気軌道を合併。
1938/12/01 大牟田線・福岡(現・西鉄福岡(天神))−津福間において、準拠法を軌道法から地方鉄道法に変更。
1942/09/19 九州電気鉄道が九州鉄道を他4社とともに合併。
1942/09/22 商号を西日本鉄道に変更。
1948/11/09 三井線・甘木−宮ノ陣間において、直流600Vから1500Vに昇圧。
1948/11/21 三井線を大牟田線・宮の陣駅に接続。久留米−甘木間において直通運転を開始。
宮の陣分岐成立
。並行区間となる宮ノ陣−日吉町間を休止。
1949/11/18 線路名称変更。大牟田本線を大牟田線に。三井線を甘木線に。
1952/04/25 三井線・宮ノ陣−日吉町間を廃止。
1953/06/28 筑後川橋梁(宮の陣−櫛原間)被災。
1963/07/26 筑後川橋梁(宮の陣−櫛原間)復旧。
1960/08/01 甘木線において、準拠法を軌道法から地方鉄道法に変更。
1962/09/24 ホームを福岡方に移設。甘木線ホームを新設。
1962/11/10 新駅舎竣工。
1964/09/01 甘木線に単線自動閉塞方式を導入。
1981/03/27 筑後川橋梁を新橋に切り替え。大牟田線ホーム移設。甘木線ホームは現位置のまま大牟田線と分離。
1981/07/10 甘木線を大牟田線に接続。直通運転再開。
1989/04/29 甘木線において、600形導入、200形の引退。
1989/10/01 甘木線においてワンマン運転開始。
2001/01/01 線路名称変更。大牟田線を天神大牟田線に。
 
<関連リンク>
筑後川橋梁架け替え時の様子を窺い知ることができます。
鈴木写真変電所 フィルムスキャン&プリントのS→鉄道写真や録音の見出しページへ→西鉄大牟田線、甘木線→大牟田線200系 宮の陣駅移設

(文責・著作権:ashiwodi)