Home

 


New!!

私ども結成20周年の記念の開港記念コンサート。
おかげさまで、大勢のお客様においでいただき、舞台と会場が一体になって、ラモーのオペラの世界を味わいました。ありがとうございました。

さて、次はサマーコンサートの時期になります。いつもよりたくさんのコンサートを準備しております。

山手西洋館での3つのコンサート、それぞれ趣の異なった内容です。
どうぞよろしくお願い致します

♪♪♪


New!!

山手234番館 サマーコンサート

西洋館で味わう

クラシカル・フルートの魅力〜U  

アンサンブル山手バロッコ第77回演奏会  “洋館で親しむバロック音楽”シリーズ

 

山手234番館の夏に恒例のバロック・コンサート。昨年のサマーコンサートで好評をいただきました「西洋館で味わうクラシカル・フルートの魅力」の続編です。
西洋館の親密な空間で、古典派の時代に使われた多鍵フルート(クラシカル・フルート)とクラシカル・チェロによるアンサンブルを楽しみます。
今回もバロックより少し時代を下り、ハイドンやモーツァルトの時代の家庭音楽、サロン音楽を、234番館の音の満ち溢れる空間をお届けします。
どうぞお越しください。               
             

 

曲目

(都合により曲目が変更になる場合もあります)  

JJ. ハイドン:ロンドントリオ 第3番 ト長調 Hob IV:3

F. ドヴィエンヌ:2つのフルートとチェロのためのトリオ ニ長調 作品19-1

W.A. モーツァルト:オペラ「魔笛」より デュエット「私は鳥刺し」

L.v. ベートーヴェン:アレグロとメヌエット ト長調 WoO 26

C.F. アーベル:トリオ 第4番 ト長調

アンサンブル山手バロッコ  

清野由紀子、曽禰寛純(クラシカル・フルート)
中尾晶子(クラシカル・チェロ)

2018715() 16時開演(1530分開場) 

山手234番館 レクチャールーム(元町公園前)
入場無料 (座席は当日の先着30名) 
座席予約はありません。ご了承ください。

問合せ:山手234番館 (045-625-9393

主催:公益財団法人横浜市緑の協会/山手234番館   

 


New!!

ギターと歌で巡る

 バロック〜古典派の音楽  

アンサンブル山手バロッコ第78回演奏会  “洋館で親しむバロック音楽”シリーズ

 

バロック〜 古典派時代の音楽を、馴染みのある有名作曲家の作品から、演奏される機会の少ない知られざる作曲家たちの作品まで、幅広く取り揃えて、ギターと歌、フラウト・トラヴェルソという組合せでお届けします。
演奏はスイス・バーゼルの音楽院スコラカントルムで学び、古楽を中心に活動中の若手メンバーです。親しみやすい会場で、演奏者の奏でる古楽の親密な空間をお楽しみください。       
             

 

 

曲目

(都合により曲目が変更になる場合もあります)  

H.パーセル/夕べの讃歌

A.カルダーラ/モテット「わたしの肉はまことの食べ物」

G.サンス/カナリオス(ギター独奏)

G.F.ヘンデル/ハレソナタ 第2番 ホ短調(フルートとギター)

W.A.モーツァルト/夕べの歌

P.ロード/ギターとフルートのためのポロネーズ

L.シュポア/6つのドイツ語の歌 作品37及び41 より

M.ジュリアーニ/パストラーレ Op.149  ほか

 

出演:  

曽禰 愛子(メゾソプラノ)、大野 彰展(テノール)

吉崎 恭佳(フラウト・トラヴェルソ)、松本 富有樹(バロック・ギター/19世紀ギター)

 

201883日(金) 19時開演(1830開場)

横浜市イギリス館 (横浜市中区山手町115-3
http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/yamate-seiyoukan/british-house/

地下鉄みなとみらい『元町中華街』E番出徒歩7分 または JR『石川町』徒歩20分

入場料:2,500円 定員60 (予約は下記)

予約・問合せ: アンサンブル山手バロッコ esyamasemi@yahoo.co.jp
(日程、人数、お名前を明記の上、上記アドレスへ電子メールをお送りください)

↑チラシは横浜公演を参照ください。

主催:アンサンブル山手バロッコ


New!!

山手111番館 サマーコンサート

西洋館で味わう

女流作曲家たちの詩 

アンサンブル山手バロッコ第79回演奏会  “洋館で親しむバロック音楽”シリーズ

 

山手111番館の恒例のサマーコンサート。

今回は、初期バロックからロマン派までの、女流音楽家や女性をテーマにした歌曲を中心にお届けします。

  バーバラ・ストロッツィは裕福な家庭環境に恵まれて、バロック時代に女性で初めて作曲、楽譜出版を本格的に進めた人。クララ・シューマンは、ご存知のロベルト・シューマンの奥さんですが、自身も優れた演奏家で作曲家でした。そのほかの曲も女性につながりがある作品です。 山手111番館の吹き抜けのホールで、二人の女性によって紡ぎだされる女性の詩をご一緒に味わいませんか。お待ちしております。              
             

 

曲目

(都合により曲目が変更になる場合もあります)  

S.ディンディア/悲しみの聖母 

B.ストロッツィ/恋するヘラクレイトス

H.パーセル/ 憐れみ深き天使よ、我に告げよ Z. 196

C.シューマン/ あなたが美しさゆえに愛するのなら 作品12-4

C.シューマン/何も言わない蓮の花 作品13-6

 

出演:

曽禰愛子(メゾソプラノ)、大村千秋(チェンバロ、ピアノ) 


2018
819() 16時開演(1530分開場)

山手111番館 (横浜市中区山手町111
地下鉄みなとみらい線『元町中華街』E番出徒歩7分 または JR『石川町』徒歩20分

入場無料 (座席は当日先着30名)座席予約はありません。ご了承ください。

問合せ:山手111番館(045-623-2957

主催:公益財団法人横浜市緑の協会/山手111番館 

*         

*                     

電子メールでの案内をご希望の場合は、esyamasemi@yahoo.co.jp まで「山手バロッコ案内希望」とメールをお願いします。


 

Home