沖縄県八重瀬町

*参考資料 『日本城郭体系』 『城』(沖縄県立博物館友の会)

*参考サイト  ちえぞー!城行こまい  ザ・登城

具志頭(ぐしちゃん)城(八重瀬町具志頭)

 具志頭城は、具志頭保育園の東200mほどの所にある。途中まで案内表示がないので、土佐之塔のある公園を目指していくのがよいかもしれない。

 しかし城址の入口には城を示す表示があるので、城内に到達したことが分かる。とはいえ、明確な遺構には欠けているので、どういう城であったのかよく分からない。

 城は海岸に臨む断崖の上に築かれている。北側から西側にかけては川が流れており、全体的に要害の地であったことは理解できる。

 城内には大きな展望台や、忠魂碑などが建てられている。また、上記の土佐之塔があり、さらには「高知県所有地」といった表示もある。どうやらこの城址は高知県の所有になっているらしい。

 土佐之塔というのは、沖縄戦で戦死した高知県出身者を慰霊するために建てられたものであるらしい。これを建てるために、この城址を高知県が買収したものなのであろうか。






城址公園入口にある標柱。 先端部から見た風景。
 具志頭城は、6代に渡って具志頭按司代々の居城であったと言われる。14世紀後半の三山鼎立の時代、南山王の攻撃によって、具志頭城は攻められて落城したという。





































大竹屋旅館