奈良交通の路線バス



奈良交通 紀伊半島縦断路線(大和八木〜湯盛温泉・杉の湯〜柏木〜池原〜熊野市〜新宮)


奈良交通は、 奈良県を中心に膨大な路線を持つバス会社です。


大和八木〜湯盛温泉・杉の湯 大和上市付近
吉野川に沿って進みます。

近鉄吉野線が見えます。

大和八木〜湯盛温泉・杉の湯
 


湯盛温泉・杉の湯

大和八木から池原方面へは、湯盛温泉・杉の湯で全便乗り換えです。

湯盛温泉・杉の湯までは、結構本数が多いです。


湯盛温泉・杉の湯
 


湯盛温泉・杉の湯〜池原
 

湯盛温泉・杉の湯〜池原
 

湯盛温泉・杉の湯〜池原

右に左にと、連続カーブを行く。
先程道を譲ったトレーラーに追いつき、トレーラーの後をついて走る。
トレーラーは、上り坂のためスピードが出ません。


湯盛温泉・杉の湯〜池原
端に待避したトレーラーを追い抜く。

池原
池原車庫に到着。


池原
早朝、発車待ちの新宮駅行き。


池原
湯盛温泉・杉の湯行きが、先に池原を後にする。


池原
池原を発車。

池原〜熊野市
集落を見下ろして走ります。

池原〜熊野市
 

池原〜熊野市
集落は、はるか下です。

池原〜熊野市
 

池原〜熊野市
明神池

池原〜熊野市
狭路を行く。
対向車が来たら、すれ違いできません。

池原〜熊野市
トンネルを行く。

池原〜熊野市
熊野古道が見えます。

池原〜熊野市
奈良県は海岸線を持たない県です。
奈良交通の路線バス車窓から海が見えるとは、ちょっと感動するとともに、意外な気がしました。

熊野市駅
ここは三重県になります。
熊野市駅で小休止。

熊野市〜新宮
熊野川沿いを行きます。この川を渡れば、もう新宮です。
新宮は和歌山県となります。

奈良県、三重県、和歌山県と、3県を走破する路線です。



実乗車時間は、十津川ルートより短いです。


池原バス停近くに民宿があります。
池原はブラック・バス釣りで、釣り人にはとても有名な場所です。
休前日は宿泊施設も混雑します。

私が予約した時も、「釣りですか?」と聞かれました。
「いえ、釣りでなくバスが目的です」
「ああ、ブラック・バスですね?」
「そのバスでなく、ただのバスです・・」



奈良交通 紀伊半島縦断路線(新宮〜川湯温泉〜十津川温泉〜上野地〜城戸〜五條〜大和八木)



高速道路を走らない路線バスでは、日本最長距離です。
(つまり、高速バスでなく、乗車時に整理券を取り、降車ボタンを押して降りるタイプのバスでは、日本最長距離を走行するのです)
走行距離約168Km、所要時間約6時間半。
一般の観光客・所用客で全区間乗る人は、まずいないでしょう。

途中、狭路の多い山間部を走る路線バスです。


新宮駅
1日3便あります。この時乗車したバスは、第3便。
乗客は観光客が十数名。

「特急」と表示されてますが、特別料金はいりません。

新宮〜志古
しばらく、熊野川に沿って走ります。

志古〜熊野本宮
対向バスが、交換可能箇所で待機してくれていました。
対向バスは「龍神自動車」、紀伊田辺発、発心門王子行き。走行距離2時間超の長距離バスです。

狭い道が続くので、運転手どうし配慮し合ってます。

志古〜熊野本宮
狭い道を行きます。

熊野本宮〜本宮大社前
復元された、熊野本宮の鳥居です。

なお、熊野本宮大社へ行きたい方は、「熊野本宮」でなく「本宮大社前」で下車して下さい。

熊野本宮は、明治22年の洪水で破壊され、遷座されました。



平安時代から江戸時代にかけて、熊野詣でがとても流行りました。
険しい道ですが、神がこもる熊野を巡れば、必ず極楽浄土へ行けるという信仰心があったのです。
熊野三山と言う、この本宮大社と、那智大社、速玉大社の3つに行ってこそ、熊野詣でだったのです。



明治22年の洪水で家屋を失った人らが、明治政府の北海道への開拓移住奨励策に乗り、北海道へ移住しました。
その地が、「新十津川」。
自分達の故郷の地名を付けたのです。




十津川温泉
十津川温泉で小休止。

十津川温泉
十津川温泉から城戸の少し手前まで、乗客は私1人になりました。

十津川温泉〜上野地
大和八木発新宮行きの第1便と交換。

こちらが、広い場所で待機。

十津川温泉〜上野地
渓谷沿いに走行して行きます。

上野地

上野地での小休止を利用して、谷瀬の吊橋を渡りました。

谷瀬の吊橋は、旅先のスリルのページで紹介しています。


上野地〜城戸
大和八木発新宮行きの第2便と交換。

上野地〜城戸
本来の道路は、平成16年の土砂崩れで通行不可。
川向の迂回路を走行。


上野地〜城戸
大和八木発新宮行きの第3便と交換。

城戸
城戸に到着。
五新線のコンクリート橋が見えます。

城戸〜五條
五條バスセンター発日裏行きバスと交換。
これは、走行約1時間の短区間バス。秘境ムードの地区を行くバスです。

城戸〜五條
五新線の橋梁をくぐる。

五新線とは、五条〜新宮間の鉄道計画路線で、工事途上で建設中止となりました。

五条〜城戸の、路盤完成区間を利用して、バス専用道となっています。

昔はJR西日本バスの運行でしたが、現在は奈良交通が引き継いでいます。

五條バスセンター
五條バスセンターで小休止。

城戸を過ぎたところから、観光客が大勢乗り、五条駅までほぼ満席でした。
終点、大和八木手前で、ついに整理券番号は111番になりました。

実際には、整理券は3桁を印字できないので、11番で出ます。

最初の11番を持っている人は、まずいないし、運転手は区別つきます。

大和八木駅
終着、大和八木駅に到着。
所要約6時間半です。

この時は、五條市内で渋滞があり、所要7時間でした。


路線バスが好きな方には、是非お薦めしたい路線です。




狭い道で、当然バスと交換不可能なのに、構わず突っ込んで来る自動車が多いことに驚きました。
ミラーを見て対向車を早めに確認し、あらかじめ交換可能な場所で待機すると、結局自分自身もスムーズに走行できます。
そういったことをあまり考えないドライバーの多いことを、改めて実感しました。

狭い道を走行するコツは、何台かの「かたまり」で走行しないことです。後ろに、速く行きたい車に付いて来られたら、どこかで待避して先に行かせるのです。また、先行する車がいる時は、車間距離を詰めない方がよいです。
そうして、たえず「単独」で走行するのです。
狭い区間で対向車と出会った時、複数の車どうしの対向だと、すれ違いが難しくなります。



当取材においていろいろご配慮頂いた、奈良交通乗務員の方々に深く感謝致します。