GB/GBCエミュレータの紹介

BGBアイコンBGB
公式サイト:http://bgb.bircd.org/
サウンド・グラフィックともに完璧な再現性を誇り、ほぼ全てのROMが正常に動作、さらに優秀なGBエミュレータの中では 最も動作が軽いという、驚異的なエミュレータです。ボイスやスーパーゲームボーイのボーダーはもちろんのこと、ゲームボーイカラーの 鮮やかな液晶の色合いや、スーパーゲームボーイの4人プレイまでサポートしています。ホームページで配布されているGBのBMPファイルを ボーダーとして利用することで、実機でプレイしているかの様な錯覚を起こすことも可能です。他にも、チートのサーチ・入力機能、モノクロGBの配色設定 (あらかじめ複数用意されているもの[初代GBの液晶に近いものもある]を使用することも、自分で配色を設定することも可能)、TCP/IPによる通信機能、強力な デバッガ等の機能が用意されています。日本ではあまり使われていませんが、世界ではNo1の座を欲しいままにしています(このことは、公式サイトのBack linksを たどればわかるでしょう)。このエミュレータを使ったことがない人は、ぜひ試してみてください。その実力の高さに驚かされるはずです。
解説ページはこちら
解説テキストファイル入りの日本語化パッチはこちら(v1.12用)
TGB DualアイコンTGB Dual
公式サイト:http://gigo.retrogames.com/
日本では、もはや説明の必要が無いほど定番のエミュです。サウンドはまあまあ良く、グラフィックの再現性は高いです。 このエミュレータの一番の特徴は、非常に安定した同一のパソコン内での通信機能でしょう。これだけ安定したものを備えたエミュレータは、 これ以外に存在しません。ネットプレイ機能も、おそらく世界一・ニの実用的なものを備えています。
このエミュレータはポケットプリンタ、モーションセンサー(コロコロカービィ)、バーコードリーダー等の周辺機器に対応しています。チートのサーチ・入力も可能です。
開発は終了しています。
KiGBアイコンKiGB
公式サイト:http://kigb.emuunlim.com/
これも日本では無名ですが、海外ではBGBと並ぶ優秀なエミュレータとされています。公式サイトいわく、「最も正確なゲームボーイのエミュレータ」 だそうです。自称するだけあって、正常に動作するROMの数は全エミュレータ中トップです(作者さん達によって確認されているそうです。詳しくは、公式サイトの「Compatibility」 ページをみて下さい)。TGB Dual並みの性能を持つネットプレイ機能(ネットワーク越しのみ)もサポートされていますし、サウンドもBGBには劣りますが、非常に再現性が高いです。BGBと同様にボイス、 スーパーゲームボーイのボーダー、ゲームボーイカラーの鮮やかな液晶の色合い、スーパーゲームボーイの4人プレイをサポートしています。周辺機器もTGB Dual並に充実しており、ポケットプリンタ、 モーションセンサー、バーコードボーイをエミュレートできます。他にもモノクロGBの配色設定(初代GBの液晶に近いものもある)、Super 2xSaIのような画像フィルター、エミュレーション速度の調節(遅くすることも可能)等、 豊富な機能を持っています。
ただ、画面の動きがぎこちないという問題があります。GUIも独特なので、少し慣れるのに手間取るかもしれません。しかし、優秀ではあるので、持っていても損はないでしょう。
解説ページはこちら
メニューの日本語訳はこちら
GESTアイコンGEST
公式サイト:http://koti.mbnet.fi/gest_emu/
これは、VisualBoyAdvanceのGBエミュレーションをベースに開発されたエミュレータです。サウンドはそれなりに良いのですが、わずかにノイズが入りますし、KiGB程では ありませんが画面の動きもぎこちないです。しかし、正常に動作するROMの数はKiGBに迫るほどで、BGBやTGB Dualでは問題が出るソフトも、ちゃんと動くことがあります。例えば、これはたまごっち3を動かせる 数少ないエミュレータの一つです。ボイスやスーパーゲームボーイのボーダー、ゲームボーイカラーの鮮やかな液晶の色合い、スーパーゲームボーイの4人プレイもサポートしていますし、周辺機器もバーコードボーイと モーションセンサーに対応しています。さらに、このエミュレータは同一のパソコン内での通信もサポートしています(TGB Dualに比べると不安定ですが・・・)。十分メインで使っていける実力を持っていると思います。なお、 開発は終了しています。
解説ページはこちら
解説テキストファイル入りの日本語化パッチはこちら(v0.85用)
MednafenアイコンMednafen
公式サイト:http://mednafen.com/
これはNES, GB/GBC, GBA, Atari Lynx, PCエンジン, SuperGrafx, ネオジオポケット(カラー), PC-FX, ワンダースワン(カラー)に対応したマルチシステムエミュレータです。GB/GBC, GBAのエミュレーションは、VisualBoyAdvanceが ベースになっています。ここでは、GB/GBCのエミュレータとして、レビューを行います。
サウンド・グラフィックの再現性は、BGBに匹敵する程の高さなのですが、VisualBoyAdvanceではサポートされていたボイスや スーパーゲームボーイのボーダー、周辺機器、ゲームボーイカラーの鮮やかな液晶の色合い、モノクロGBの配色設定、デバッガ等の機能が削除されており、機能的には物足りない感じがします。また、この エミュレータはCUIなので、設定等を行うのも大変です(大変でしたが、すばらしい出来のランチャーを作られた方がいるので、それを使えば簡単に設定が出来ます)。
他のGBエミュレータにはない、巻き戻し機能をサポートしています。PCエンジンのエミュレータとしても非常に優秀なようです。
解説ページはこちら
(他の機種の設定項目も解説していますが、知識が無いので、いいかげんに書いてあります)

トップへ戻る